Blog

 
 

動画の楽校 設立の趣旨
【社員力でつくったビジネス動画で、情報発信しよう!】

 
 

 もし、新製品や新サービスの動画、そしてリクルートや展示会用のビジネス動画を
自社で制作し、自由に発信出来たら… 
高額な費用でプロに頼むより、企業にとってコスト縮減につながり利益を生む基にもなります。
すでにこうした動きを進めている企業もありますが、いざ動画をつくるとなると、皆さん大変苦労されているようです。
スマホやタブレット端末、あるいは高機能の家庭用ビデオの普及で、動画は誰でも気軽に撮って楽しめる時代になりました。しかし、企業のビジネスに絡んだ動画となると、”気軽“にはいかず、”戦略“と”質“が求められます。

 

「撮影した映像がブレていで安定しない。逆に、企業のイメージダウンになってしまう」
「編集の作業がむずかしい。教えてもらいたいのですが、出来るようになりますか。」
「台本通りに動画をつくってみたが、どこが悪いのかわからず面白くありません。
動画って本当に効果があるのでしょうか。」

 

こうした声を沢山の方々からお聞きし、動画の楽校を開校することにしました。

 

izumi1
          講師  泉 裕里子

 

 少々、手前ミソですが、先ずは私たちのことをお話します。
 私たちは、長い間テレビのニュース報道やビジネス番組、CMの世界で動画コンテンツをつくり続けてきました。
中でもテレビでは、日本民間放送連盟賞2回受賞、視聴率延べ7年間第1位と人気番組をプロデュース。
 ビジネス界に転じてからは、国や自治体の普及・啓発に絡んだ映像・活字の分野で取材・編集等を受託、大学の知的資産=再生医療や先端技術などの特許技術を映像化、専門的な分野をわかりやすく伝える広報・PRの専門家として多くの企業と接してきました。

 

cono2S
          講師  河野 聡子

 
 

動画は、1万8000本の企画・制作・監修と業界トップレベルを自負しています。
「社員力でつくるビジネス動画セミナー」は、“社内で動画をつくり、自由に情報発信しよう!”という趣旨で、ビジネス動画のディレクターを要請することが大きな目的です。

授業内容を大別すると、企画・台本(メモ)づくり、撮影、編集、文字スーパーのつくり方、
ナレーションの書き方などをはじめ、成功例とその効果、動画発注の心得、動画を使ったコスト縮減術など、
企業戦略としてのビジネス動画づくりを、はじめての方でもわかるように、
実践的なノウハウを駆使したプログラムを組み、動画づくりのイロハをサポートします。

セミナーは、このような方におススメです。

 

・プロに頼まずに、自社で動画をつくり広報・PRに役立てたい。
・プロに依頼したいが、発注者として動画のイロハを勉強したい。
・自分で撮影・編集し、効果のあるビジネス動画をつくりたい。
・企業の販促戦略として、動画を取り入れたい。
・動画は全くのはじめてだが、興味があるので学びたい。
・プロのディレクターになりたい。
・趣味で楽しみたいが、今より実力をアップしたい。 

 
 

yoko1
講師  横山 仁志
iwa091106-009
講師  岩崎 誠
ito1
講師  伊東 満

 
 

 動画は本来、アーティスティックな感性と経験を必要とし、マニュアル化が難しいものです>
手引書を探しても、ファイルの変換方法や編集ソフトの使い方など、テクニカルな教則本は多いのですが、

いちばん肝心なのは「動画の中身そのものを、どう興味深く、面白くつくるか」です。
 このセミナーは、その点に力を入れ、動画ソフトでは教えないビジネス動画づくり」を
皆さんと共に語り合い、学んでいきたいと思います。

 
 

動画の楽校